2019年の株価、大発会で下落もその後に反発!

2019年もはじまりましたね!

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします!

去年は後半に大きな動きがあった株式市場ですが、今年はどうでしょうか。

このブログの新年一発目は、僕の投資報告をしたいと思います。

スポンサーリンク

波乱のスタート

2019年の株式市場は大発会でいきなり大きく下落してはじまりました。

終値で400円以上の下落、一時は700円以上下げる場面も。

非常に厳しいスタートとなり、波乱の幕開けとなりました。

ただその後は持ち直し、現在では2万円台を回復しています。

これにはアメリカの中央銀行FRBのパウエル議長の発言が影響しているようです。

「経済動向を注視し、状況に応じて大幅な政策変更をする用意がある。」

という趣旨の発言をしたことで、12月の利上げ以降続いてきた市場の混乱を一旦落ち着かせたように見えます(参照:ロイター)。

結局のところこれから先はFRBの政策次第となるでしょう。

前回の記事でも書きましたが、このまま金融引き締めを続けるのか、それとも引き締め停止などの方針変更するのかで今後の展開は大きく変わってくると思われます。

個人的な運用状況

僕の個人的な運用状況ですが、相変わらずプットオプションの取引をマイペースでやっています。

このブログで最後に投資報告してからかなり間が空きましたが、そのころ保有していたものは10月の株価急落時(プットは値上がり)にほとんど利益確定しました。

そして12月のFOMC前にはジリジリと日経平均が上昇(プットは下落)したので、再びプットを買い増し。

FOMCでは予想通りの結果となり、株価は暴落したので(プットは値上がり)、しっかりと利益確定できました。

FOMC後の12月21日時点での保有状況が下図になります。

10月ごろと比べてかなりさっぱりしていますね。

このあと年が明けて大発会でも日経平均は大きく下落したので(プットは値上がり)、とりあえずプット19750を利益確定しています。

今は最近の株価の反発でプットが下落しているので、ちょこちょことプットを買い増ししているところです。

現在の保有状況は下図になります。

このところの日経平均の上昇でそれなりに含み損も増えてきました。

リスクヘッジ的な意味でコールも買っているのですが、売るタイミングを逃したせいで単に含み損を増やしています(笑)。

まあコールに関しては掛け捨てのつもりで買っているので、しょうがないですね。

プットについては今のところこんなもんでしょう。

日経平均が2万500円を超えたら買い増すつもりだったんですが、2万500円を目前に下落してしまいました。

もっと反発しますかね?

とりあえず2万2000円くらいまでの反発は想定しています。

10月と12月の暴落で利益確定したことで、それなりに余力もついたので、反発したらまたプットを買い増しするつもりです。

まとめ

昨年までとは明らかに違い、上下の値動きが激しいスタートになりましたね。

こんな時は下手に動きすぎず、焦らず欲張らず、じっくりとやっていきたいと思います。

口で言うのは簡単なんですが、実際は結構難しいんですけどね。

突然おかしな事やらかしたりするんで(笑)。

ただやることは今までと変わらないので、引き続きマイペースで継続していきます。

個人的にはアメリカの政府機関閉鎖や米中関係の問題などで進展が見られたら、短期的に株価は上昇するかもしれないので、その時にまとまった量のプットを買えればいいかなぁと漠然と考えています。

とりあえずパウエル発言以降、ちょっと落ち着いちゃった感じなんでしばらくは様子見ですかね。

今年も楽しくマイペースでやっていきますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加