危機の時に円高になる理由とは?安全だからじゃないよ(笑)

「有事の円買い」って言葉がありますよね?

世界的な金融不安なんかが起きると、なぜか円が買われて円高になるという現象です。

これをテレビや新聞などの大手マスメディアは

「先行きへの警戒感から比較的安全な資産とされる円が買われる展開となりました。」

と、まるでテンプレートのような言葉で報道します。

しかしそれは本当なんでしょうか?

本当に多くの投資家が

「今は不安定な時期でリスクが高そうだ。よし、今こそ安全な円を買っておく時だ!」

と考えて円を買うんでしょうか?

結論から言うと、違います

もちろんそのような考えで円を買う人も中にはいるでしょう。

しかし、為替の動きに影響を与えるような大きな要因にはなりません。

政治や経済などで世界的にリスクが高まった時に円高になるのは別の理由があります。

今回はその理由をなるべくわかりやすい言葉で説明したいと思います。

スポンサーリンク

円で資金調達

当たり前のことですが、お金を借りて投資を行う場合、なるべく金利の低いところから借りて投資をしますよね?

なぜなら金利が高いと返済の時により多くの額を支払わなければならないし、金利が低ければその額は少なくて済むからです。

したがって多くの投資家はなるべく金利の低い通貨を借りて資金を調達します。

そして、金利の低い通貨の代表格と言えば日本円です。

日本円はこれまで長期に渡って低い金利が維持されてきました。

日本で生活して日本の銀行に預金されている方はみなさん実感されていると思います。

銀行に預金しても全然利息つかないですよね!

なんなら数回引き出したら手数料だけで利息分なくなっちゃうよ、みたいな(笑)。

世界的に見ても円はスイスフランなどと並び、極めて金利の低い通貨になります。

当然金利が低いため、多くの投資家が円を借りて資金調達するわけです。

高金利の通貨で運用

低金利を理由に調達された円は、今度はより金利の高い通貨に替えられます。

言い方を変えると円が売られて、高金利の通貨が買われます。

高金利の通貨とは、例えばトルコのリラ、ブラジルのレアル、そしてアメリカのドルも円に比べれば高金利の通貨です。

と言うか、世界中のほとんどの通貨は日本円よりも高金利ですね。

そして今度はその高金利の通貨を使って、債権や株に投資して運用するわけです。

こうすることで、株や債権の運用益に加え、円との金利差による収益を得ることができます。

このような投資手法をキャリートレードと言います。

キャリートレードの巻き戻し

低金利の通貨で資金を調達し、高金利の通貨と交換し、運用することで利益を得るキャリートレードですが、ひとたび金融不安に関わるような出来事が起こると様相が一変します。

我先にと保有していた株や債権を売却し、利益確定したり損失の拡大を防ごうとします。

そもそも金利が高いと言うことは基本的にはその分リスクが高いということです。

金融不安などでいち早く売却してリスクを回避するという動きは当然の流れですよね。

こうして株や債権を売却することで、資金が戻ってきます。

しかし、元々この資金は円で借りているので、円で返さなければなりません。

したがって先程の逆、高金利の通貨(ドルやリラなど)が売られて、円が買われることになります。

これこそが金融不安の時に円高になる理由です!

安全資産だから円が買われるのではなく、金融不安によるリスクを回避するために株や債権を売却し、そのお金を返済するために円が買われて円高になるということです。

このような動きをキャリートレードの巻き戻しと言います。

まとめ

以上、危機が起きた時に円高になる仕組みを説明してきました。

仕組みがわかれば、「なんだ、そんな事だったのか」って思われるかもしれませんね(笑)。

もう一度まとめると、

金利の低い日本円を借りて資金調達(返済の負担が少ないため)。

その日本円が他の高金利の通貨と交換される(円売り)。

その高金利の通貨が債権や株に投資される。

金融不安が起こると・・・。

リスク回避のために株や債権が売られる。

円で返済するために円が買われる。

円高になる。

という流れになります。

この流れを理解しておくことで、為替、金利、株価などがどのように関連しているかをより深く理解できるんじゃないでしょうか?

特にFRBが金融引き締めによって市場への資金の供給量を減らしている現在、この先の展開がある程度想像がつくかと思います。

具体的に言えば、市場への資金供給が減ることで高金利でリスクの高い新興国の株や債権が売られ、返済のために円が買われて円高になると。

僕のような素人個人投資家にはその時期を予想することはできませんが、少なくともちかいうちに円高の展開になることくらいは予想できます。

大手マスコミのニュースを鵜呑みにしていては見えなかったものも、仕組みを理解すれば現在の市場の動向などが見えてきたりするので、うまく投資に活用したいところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加