WBAの不可解な判定に負けた村田とケタ違いの強さを見せた井上

雑記

今回のテーマはボクシングミドル級村田諒太の世界タイトル初挑戦と井上尚弥のスーパーフライ級王座防衛戦についてです!

すでに各メディアでも散々取り上げられてちょっと遅くなった感はありますが、僕もボクシング経験者として、一ボクシングファンとして語っておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

判定に泣く

まずは村田選手の試合ですが、いや~とにかく残念な結果でした。

完全に試合を支配していたのは村田選手でしたし、ダウンを奪った以外にも確実にダメージを与えていました。

有効打という意味では明らかに村田選手が上回っており、個人的にも村田選手の勝ちだと思いました。ただ、確かにリスクを冒さない試合運びで手数がかなり少なかったのもまた事実です。

ここまで極端な判定は稀かもしれませんが、残念ながらボクシングではこういった事はちょいちょい起こるんですよね。

かなり前の話になりますが、坂田健史対ロレンソ・パーラの試合を思い出しました。

その試合では坂田選手が手数でも有効打でも明らかに圧倒してましたが、判定で勝ったのは序盤以外、ちょこちょことジャブをついて逃げ回り、クリンチしまくっていたパーラの方でした。ちなみにその時のタイトルもWBAでしたね。

だから結果論ですけど、村田選手にはもう少し手数が欲しかった。明らかに効いた時にはもっと追い詰めて欲しかったです。

 

ただそれはそれとして、あの内容で村田選手が負けになるようなら、WBAは再戦の指示なんかするよりも判定の基準を見直した方が良いと個人的には思います。

今回はフジテレビが頑張ってくれてかなりボクシングが盛り上がりましたし、普段ボクシングを観ない人達も今回は観たという人達がたくさんいたと思います。

そんな人達がこういう判定をみると、「なんかボクシングってわからないね。」と離れていくかもしれません。

またボクシングファンとしてもたびたび起こるこういうジャッジにうんざりしているので、触るだけのジャブはポイントにしないとか、ホールドをもっと厳しくとるなど改正してほしいところです。

まあ本当かどうかはわかりませんが、村田サイドにはWBCとWBOからオファーがきたという報道があるので、村田選手に限らず、本当の意味で上を目指す日本人選手はWBAは見限った方がいいと思います。WBAは他にもいろいろ胡散臭いことが多いし(笑)。

 

しかし、村田選手はこの後どうするのか気になりますね。

この試合で世界レベルで十分通用することがわかったんで、僕としてはぜひ再起して上を目指してほしいです!

ミドル級の真のトップクラスにはとんでもない猛者たちがいますが、彼らに対してどれくらいできるのか?気になりますね~。

あと試合後の村田選手の態度は本当に素晴らしいと思いました。

あんな判定で負けにされても愚痴ひとつこぼさず、お互いの健闘を称えて、翌日の朝には相手選手と2人で笑顔で写真まで撮ってる!

めちゃくちゃカッコ良くないですか?

村田諒太という人は本当に強い男なんだなと思いました。

 

次元が違う井上尚弥

続いて井上尚弥選手の試合ですが・・・強すぎる!他の日本人選手と比べて1人別次元にいるような気がします。

僕も子供の頃からボクシングの試合をそれなりに観てきましたが、日本人選手でここまで凄い選手はいないと思います。

田口選手との日本タイトルマッチの頃までは強いとは思いましたが、そこまでの衝撃は受けませんでした。

しかしプロ入り6戦目で初の世界タイトルマッチとなったアドリアン・エルナンデス戦の序盤、チャンピオンを子供扱いするかのように一方的に追い詰めている姿を見て、

「井上がんばれー!」というより「こいつ、やべぇ・・・。」

って感じで背筋が寒くなったのを覚えています。日本人の選手を見てそんなふうに思ったのははじめてでした。

そして2階級制覇を目指したオマール・ナルバエス戦。文字通り世界に衝撃を与えました。

ナルバエスはWBO世界フライ級王座を16連続防衛した後、同世界スーパーフライ級王座を11連続防衛中でプロ、アマ通じた全キャリアにおいて一度もダウン経験のない、現役世界チャンピオンの中でも最強と評される1人でした。

その最強王者を2ラウンドの間に4回ダウンを奪い、KOで2階級制覇を成し遂げます。ナルバエスに完全KO勝利したことで、井上選手は世界的にも知られ始めるようになります。

その後の防衛戦はほとんどが1位2位の選手ばかりと行い、すべて勝利!

で、今回のリカルド・ロドリゲス戦を迎えるわけです。

 

この試合、一言で言うとあまりに実力差がありすぎてリカルド・ロドリゲス選手が気の毒でしたね。だからと言って誰かのように弱い相手を見繕って連れてきたわけではなく、ランキング2位の指名挑戦者ですからね。

井上は接近戦に弱いと挑戦者陣営は考えていたようですが、接近戦を挑むことすらさせてもらえませんでした。

正確なジャブで井上選手の距離を常にキープされて、なんとかかいくぐって接近してもフックやアッパーをパッカーン(笑)と合わされて、次の瞬間には距離をとられてまたジャブの標的に・・・。

そのため接近するのをためらっていると今度は井上選手のほうが一瞬で距離を詰めてきて、上下の高速コンビネーションの標的に・・・。

あれだけのハードパンチャーに高速で上下に打ち分けられたらたまったもんじゃないですよ、マジで!

しかも練習してきたというサウスポーへのスイッチも披露されて・・・。

世界タイトルで指名試合ですよ?それをまるでスパーでもやるかのようにこなして2ラウンドKO勝利!

もうなんて言うか、井上選手には並みの世界ランカーでは勝負にならないので、早いこと他団体や他階級の王者と勝負して欲しいです!

 

まとめ

ネットなどで何かと叩かれることが多いフジテレビですが、今回のボクシング中継に関してだけは頑張って盛り上げてくれて、ボクシングファンとして嬉しかったです。

願わくはこれが一過性の村田ブームにならずに、本当のボクシングの魅力が一般に浸透して定着して欲しいところです。

どうも日本のスポーツ報道は競技そのものを掘り下げるより、特定の選手に極端にスポットを当ててスターに仕立て上げる傾向があります。五郎丸選手しかり、最近ではサッカーFC東京の久保選手しかり。で、ブームが過ぎると見向きもしなくなる。

普段はほとんど報道しないのにオリンピックの時だけ異常に過熱する報道もこれと同様な気がします。

日本の大手マスコミにまともな報道など期待してませんが、スポーツ報道くらいはもうちょっとマシになってもらいたいです。

 

長々といろいろ語ってきましたが、言いたい事は「ボクシング最高!」ってことです。

特に井上選手がこれからどこまでいけるのか本当に楽しみです!9月のアメリカ進出は何としても実現してほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました